ユニフォーム、制服のことなら北海道札幌市のイメージワークにお任せください。

イメージワーク株式会社

お客様対談シリーズ「衣心伝心」

トップページお客様対談シリーズ「衣心伝心」お客様対談シリーズ「衣心伝心」岩田地崎建設様

お客様対談シリーズ

「衣心伝心」

北海道建設業界のリーディングカンパニーとして、グローバルな視点で事業基盤を広げる岩田地崎建設。
「未来を創造する企業」として成長し続けるための取り組みを岩田社長に伺いました。

堀田

確か岩田社長が社長に就任されたのは平成10年だったと記憶しています。
今振り返ってみて、これまでの歩みはどうでしたか?

岩田氏

とても苦労が耐えないというのが感想です(笑)なんと言っても一番大変だったのは、地崎工業との合併ですね。
4人のチームを作り社内でも極秘任務で進めていました。
当時の岩田建設の規模から言うと合併は小が大を食うようなものでしたから、不安はとてもありました。
今でも大変な決断をしたなと思います。
しかし、合併を発表した時にどちら側の社員も理解を示してくれて、統合から合併への流れはスムーズに行うことができ、お互いの良い部分が上手くフュージョンできました。
社員にはとても感謝しています。


堀田

まさに波瀾の16年間ですね。
創業大正11年の歴史ある会社で人員も倍の規模になり、それをまとめあげている岩田社長の手腕にはいつも脱帽しています。

岩田氏

規模が大きくなったからというわけではないですが、現在の社屋を構えたのは創業80周年を迎えた時でした。
それまでは創業の地から少し離れたところに社屋があったんですが、これを期にまた創業の地に本社を戻しました。
もう10年以上経ちますが、当時としては最先端の制震装置を完備し、一部にガラス面の吹き抜けを作り太陽光を取り込むことで自然換気できるソーラーチムニーと呼ばれるスペースを設けました。


堀田

自らがモデルとなって新しい建築の未来を提示していたんですね。素晴らしい。
環境整備についても取り組みをなさっていると伺いました。内容を教えてください。

岩田氏

私共は、工事を行っていく地域に貢献することを使命に、日夜仕事をしています。
そのために「環境を守る」ことや「自然共生」には特に力を入れています。
地域での植樹はもちろんですが、今年のプロジェクトとしては「緑の水田事業」を行いました。
これは岩見沢農協の協力を得て実現したのですが、休耕田を利用してお米を収穫しようという試みです。
あまり自然に馴染みのない子ども達に農業体験をさせてあげようという取り組みですね。
出来上がるのは酒米なんですが(笑)


堀田

それは有意義なプロジェクトですね。子ども達も喜んだことでしょう。収穫した酒米はどうなさるんですか?

岩田氏

もちろんお酒にします。栗山町の小林酒造さんに醸造をお願いしているので、出来上がったらお届けします。
お酒の名前も悩みましたが「札幌村」としました。これは創業時の弊社の住所なんですね。札幌村から世界へ羽ばたいていくとの思いを込めて命名させていただきました。

堀田

それは創業された祖父様もお喜びになられるでしょうね。そのほかにも新しい分野に取り組んでいることはありますか?

岩田氏

最近ではないですが、PFI事業を行っています。PFIとは「プライベート・ファイナンス・イニシアティブ」の略称で、簡単に言えば施設の施工から運営までをすべて引き受けますという事業方式のことなんです。この方式で斎場や幼稚園、高校などを受注させていただきました。
元々、建設会社はさまざまな協力会社とコンソーシアムを組んでプロデューサー的な立場で仕事をする流れがあります。
なので建物の建設だけでなく運営も任せてもらうことで一元管理ができ、行政や事業主の負担を軽減できるメリットがあります。


堀田

常に先進的なことを見据えて動いておられるんですね。
私共も少しでもプロフェッショナルな仕事をしてもらうためのお手伝いをしていきたいと思います。

岩田氏

弊社のユニフォームはイメージワークさんに作ってもらっていますね。
完成時にはモデルとしても登場させてもらいました。社員からも評判がいいんですよ。

堀田

ありがとうございます。
御社のユニフォームは当時としては非常に画期的で素材とカラーリングをツートンにしたのは恐らく岩田地崎建設さんがはじめてだったと思います。
社長のアイデアで、ボタンに社章を刻印するのも先駆け的でした。
このような仕事をやらせていただけたことを今も誇りに思っています。


岩田氏

はじめての出会いから30数年が経ちました。
思い返すと昭和56年入会の札幌青年会議所の同期ということもあり、毎晩飲み歩きましたね。
30代の本当に元気な時で、時代も良かった。この時の仲間で今でも交流を持てることが嬉しいですね。
この頃に負けないように、これからも全力で公私ともに邁進していきたいですね。


岩田地崎建設株式会社 代表取締役社長

岩田 圭剛氏略歴

1977年 青山学院大卒
1998年 社長就任
2004年 ICホールディングス社長就任
2007年 岩田地崎建設株式会社設立
札幌商工会議所会頭、北海道建設業協会会長、北海道経済連合会副会長、北海道商工会議所連合会(道商連)会頭


記事の内容は取材当時のものです。


お問い合わせ・カタログ請求 お問い合わせ・カタログ請求フォーム お電話のお問い合わせは011-374-4811